こだわり満載アメリカンスタイル輸入住宅

 ふたりが大好きな1950年代のポップなアメリカ。

 「目指したのは、ミッドセンチュリーよりちょっと前のアメリカンスタイルです」。その「ちょっと」に譲れないこだわりが窺える。そんなMさんが選ばれたのは、北米の伝統的な住宅様式を再現した「オレゴン」。

 「数社を検討した中で、どこよりもデザインが洗練されていると感じたのが、ブルースさん。窓やドアにアメリカ製パーツを使っていることも気に入りました。しかもコストが魅力」と。

 アイデアやこだわりのある生活は、本当の豊かさを知っています。

家族構成 夫婦
工法 2×4
敷地面積 198.86㎡(60.1坪)
延床面積 104.34㎡(31.56坪)

Point

特徴

1000万円台前半で悠々かなう

 「トラディショナルで流行に左右されない輸入住宅は、何年経っても古くさくならないと思う」と。  オレゴンの基本プラン(一部オプション)のラップサイディングやカバードポーチ、窓の両サイドを飾るルーバーなど、個性的なデザイン。  ご夫婦がアメリカ文化に興味を抱くきっかけとなった、おふたり共通の趣味のカスタムカーが、まるでデザインの一部のように外観を引き立てます。

_T2Y0844

_T2Y0747