吹き抜け2階リビングの一体感が親子の温もりを伝え、絆を育む輸入住宅

 奥様が「丸見えハウス」と名付けたF邸。ダイニングからリビング、ロフトまでが一体となった2階の大空間を中心に、家中どこにいても家族の様子がわかる家です。広々とした開放感と、いつも身近に親子の温もりが感じられる安心に、「みんなの気持ちにゆとりがうまれた」と奥様。「私は娘が多少散らかしてもガミガミ叱らなくなりました。娘はのびのび家中を走り回ってます」と。

 ですがその家づくりには曲折がありました。実はF様最初は、他社と契約。ところがイメージが理解されない、素材や仕様にこだわると見積もり額が上がるなど、違和感とストレスが積もっていったといいます。「たまたま近所に『素敵だな』と眺めていた、ブルースさんが建てた家があったのです。それで思い切ってそのお宅に突撃(笑)。住み心地や会社の対応を伺ったらとても満足されていて。『無垢材の床や塗り壁は、汚れや傷も味わいになる』という言葉にも共感して、その足で他社を解約。ブルースさんを訪ねました」とF様。

 「デザインはもちろん細かな収納まで、イメージ通りに仕上げてもらいました。他社では500万円くらい追加料金が必要といわれた無垢フローリングやドライウォールの塗り壁も、標準仕様で納得の品質。この家の全部が気に入ってます」。

家族構成 夫婦+子供1人
工法 2×4 (一部 2×6)
敷地面積 206.27㎡(62.3坪)
延床面積 154.22㎡(46.6坪)

Point

特徴

お互いが見えるから安心、丸見えハウス

 「フローリングの赤松の無垢材やドライウォールの壁は、素足や手で触れたときの気持ちよさが魅力。化学物質を一切含んでいないのも親として安心ですね」と奥様。  お嬢さんもこの明るく開放的なリビングが大好き。学校から帰るとフリースペースに直行して、遊びも宿題もご両親に見守られながらなのだとか。「中学生くらいまでは自分の個室にこもらないで、ここで家族一緒の時間を過ごしてほしい」というご両親の願いが温かく伝わってくる空間です。

001

020-1-400x600