時計の針が心なしかゆっくりと動きだす、ゆたかな空間で紡ぎ出されるゆたかな時間

 プロヴァンスの古民家をイメージさせるM邸。南欧風の住まいは、ムク材のフローリングやドア、塗り壁などナチュラルな風合いで統一されています。しかし、依頼先の検討時期に、こだわりを実現しようとすると金額が一気に跳ね上がったりと、悩みも多かったようです。

 「他社では無理といわれたことを、当たり前にやってくれたのはブルースさんだけ。良質な天然素材を用いて、百年後にも価値を持ち続ける住宅を建てたい、という考え方にも共感できました」とM様。意図したイメージを見事に、実現できましたと。

家族構成 夫婦
工法 2×4
敷地面積 165.33㎡(50.0坪)
延床面積 130.41㎡(39.4坪)

Point

特徴

いい家をつくりたい。そのこだわりに共感して。

シンメトリーが美しいM邸。赤い屋根にスタッコの塗り壁、ロートアイアンがプロヴァンスの雰囲気を醸し出す。家と同じ素材をつかったゲート、手入れされた花々から暮らしを楽しむ様子が伝わってくるようです。

松井邸 036

松井邸 004