関東

神奈川県で輸入住宅を建てているブルースホームです。

 

吹き抜けってパッとみると、かっこいいし開放的なので人気があります。しかし、吹き抜けには良い点だけでなく、悪い点も存在しているのです。前回はリビングに吹き抜けを作るメリットについてお伝えしましたが、今回は吹き抜けを作ることによるデメリットについて書いていきます。

 

・二階のスペースが削られる
吹き抜けは一階から二階へ空間を広げるわけなので、自然と二階の部屋数は少なくなります。また押入れなどの収納スペースも削らなくてはいけません。一階の解放感が得られることの代償は大きいです。

 

・光熱費が高くつく
リビングに吹き抜けを作ることによって、空間が広くなるので光熱費が高くつきます。冬場は暖かい空気が上に逃げていきますし、夏場は外からの光が多い分暑くなる傾向にあります。夏場の日光は工夫次第で防ぐことができるので、日光を防いで、少しでも光熱費を減らせるように努力してみましょう。

 

いかがでしょうか。以上のように吹き抜けを作ることによるデメリットも多く存在しているのです。前回お伝えしたメリットとデメリットを合わせて吹き抜けの設置を考えてみてはいかがでしょうか。

 

神奈川県で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで
http://www.bruce.co.jp/

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ