関東

群馬県で輸入住宅を建てているブルースホームです。

前回の記事では、日本の住宅でも用いられる軸組み工法をご紹介しました。

梁と柱を基礎に住宅を建てていくのがこの工法です。

どのような形の土地でも建築ができ、増築や改築もしやすいというメリットがありました。

今回は輸入住宅で主に使われているツーバイフォー工法という工法についてお話ししていきます!

ツーバイフォー工法とは?

北米で最も主流な工法がこのツーバイフォー工法です。

2インチ×4インチの部材でフレームを組み立て、構造用の合板を合せパネルを作り、そのパネルを合せることで住宅を作っていきます。

ちょうどパネルで箱を組み立てていくような工法だと考えてみてください。

柱や梁ではなく、面で住宅を支えるので、高い耐震性を誇ります。

ツーバイフォー工法のメリットとは?

ツーバイフォー工法では木材の加工する必要がありません。

これは、すでに一定のサイズに加工された部材を使用するからです。

そのため、技術が未熟な職人でも高品質な住宅を建築することができ、職人の技術差があまり問題にならないのです。

また、構造部材が金物で固定されているため、高い耐久性や耐火性を持っている住宅になります。

 

今回は、輸入住宅で主に使用されているツーバイフォー工法についてお伝えしました。

是非ご参考にしてみてください!

群馬県で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで

http://www.bruce.co.jp/

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ