関東

埼玉県で輸入住宅を建てているブルースホームです。

「輸入住宅っておしゃれで憧れる。」
「輸入住宅って国ごとに特徴があるんだよね。それぞれの特徴を知ってから選びたいなあ。」

このようにお考えの方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、イギリス風の輸入住宅についてご紹介します。
これを読めば、数種類あるイギリス風輸入住宅について分かると思いますのでぜひご覧になってください。

 

■イギリス輸入住宅の全体的な特徴

イギリス輸入住宅の印象は大方「ドールハウスみたい」といったところでしょう。

まるで日本の明治時代や大正時代の洋館のような雰囲気といっても良いかもしれません。

 

■重厚な雰囲気なら総レンガ造り

イギリスの輸入住宅は、いくつかのパターンに分けることができます。

もしも、「重厚な雰囲気が欲しい!」という方でしたら、総レンガ造りの住宅がおすすめです。

レンガの独特の雰囲気をしっかりと醸し出します。

 

■木のアクセントが特徴的なチューダー様式

イギリス風の輸入住宅ですとチューダー様式もおすすめです。

これにはいくつかのバリエーションがあるのですが、木造の梁や柱などが外に見えるようになったデザインです。

また、チューダー・アーチと呼ばれる、先がとがった平たいアーチを持つのも特徴です。

 

■まとめ

以上、イギリス風の輸入住宅についてご紹介しました。

参考になれば幸いです。

 

埼玉県で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで
http://www.bruce.co.jp/

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ