関東

埼玉県で輸入住宅を建てているブルースホームです。

 

注文住宅であれば自由に設計できますので、考えるのが面倒だからと言って適当に決めるのはもったいないですので、自分達の意見をどんどん出していくといいでしょう。

注文住宅で考えておくといいのは、生活動線をどう考えた間取りにするかですので、家の中で無駄な動きが少なくてすむようにしていかなくてはなりません。

 

考え方としては、最低限の動きで便利に生活が出来るようにしておけば、無駄に行ったり来たりする事なく生活をしていく事が出来ます。

一階と二階を行ったり来たりしなくてはならないのはとても不便ですし、無駄に疲れてしまうだけですので、出来るだけ無駄に動かない動線で考えていく事です。

 

生活動線を考える上で一番重要なのは、家事動線を考える事ですので、家事がしやすい間取りで考えていくといいでしょう。

家事は毎日行わなくてはならないものですので、少しでも負担が軽くなるようにしなくてはなりません。

生活動線が悪い為に余計な負担が増えるようではいけませんので、出来るだけ楽になるようにする事で、家族間での無駄な喧嘩も減っていきます。

 

家事をしやすくするためには、洗濯をしたらすぐに干せるような状態で、片づけたりアイロンをかけるのも簡単な状態を作り出す事です。

一か所に集中してまとめて配置しておけば、無駄な動きがない注文住宅が出来上がります。

 

埼玉県で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで

http://www.bruce.co.jp/

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ