近畿

奈良県で輸入住宅を建てているブルースホームです。

輸入住宅の間取りを考える際に重要となるのが、「オープンプランニング」という考え方です。

しかし、一般的な日本の住宅ではこの様な間取りの取り方はしません。

そのため、「オープンプランニングって一体どんなもの?」や「どんなメリットがあるの」といった疑問を抱いている方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、日本の住宅にはあまりなじみのないオープンプランニングについてお話ししていきます!

オープンプランニングとは?

オープンプランニングとは、間取りの技法のひとつで海外の住宅で特に採用されています。

名前通り、リビングやキッチンの空間を分けるのではなく、一つの空間にまとめてしまうというものです。

空間を連続させることで、空間の容量が日本の通常の間取りより開放感のある間取りとなるのです。

また、平面の間取りだけでなく、立体的な空間の連続性も重視しています。例えば、より開放感のある住宅を目指し、吹き抜け構造を取り入れることもあります。

オープンプランニングのメリットは?

仕切りを設けないので、限られた空間をより広く有効活用できることがオープンプランニングの最大のメリットです。

また、空間が仕切られていないため室内の視界が広くなりより開放的な間取りとなることも魅力的でしょう。

このようにオープンプランニングを使って開放感を追求することで、輸入住宅ではリラックスでき、居心地の良い住宅を作ることができるのです。

今回は、北米の住宅で特に普及しているオープンプランニングという間取り方法をご紹介しました。

オープンプランニングで開放感のある上質な居住空間を実現してみてはいかがでしょうか?

奈良県で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで

http://www.bruce.co.jp/

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ