近畿

大阪府で輸入住宅を建てているブルースホームです。

 

輸入住宅には日本家屋にはない欧米スタイルやヨーロッパなどのデザイン性が特徴としてあげられます。

装飾部材を多用した外観とか内装が魅力的となっています。

階段の手すりとか出窓のカーテンレールなどディテールにこだわることによって、個性的で愛着がある家となります。

 

輸入住宅のおすすめのデザインはタイルやモザイクを使った浴室です。

浴室などは採光がとりづらい場所ですし暗い場所だったとしても無垢材とのコンビネーションで活かすことで明るくソフトな雰囲気に仕上げることが可能です。

 

南欧風な雰囲気が好きという人は、キッチンの天板にホワイトを使ったりテラコッタのフロア材にするなど適材適所に上手にタイル材を使うことがおすすめです。

 

オレンジとか黄色といったビタミンカラーを使うことでもナチュラルな空間を引き締めてくれる効果があります。

こういった色をキッチンに使うのもおすすめです。

 

輸入住宅はゆったりした間取りという魅力もあります。

日系のハウスメーカーではあまり見られないのは、玄関のスペースを広く確保することです。

こうすることで贅沢な空間が出来上がって快適に生活ができます。

 

欧米の輸入住宅の場合は現地のサイズ感にフィットするように構成してあるので、寝室なども広くなり良質な睡眠を得ることができると言われています。

ゆったりとくつろぎたい人にはおすすめです。

 

大阪府で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで

http://www.bruce.co.jp/

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ