九州

熊本県で輸入住宅を建てているブルースホームです。

 

皆さんは、輸入住宅バリアフリーの生活を実現できると思いますか?
「意外と縁がなかったりするからな・・・。」
「あまり確かにイメージつかないかも。」
このように輸入住宅にバリアフリーの生活をするには結構イメージを結びつけにくかったりするんです。
そこで今回は輸入住宅でバリアフリーについて少しお話ししていきます。

 

・デザインを西洋へ
輸入住宅は西洋の住宅と比較して全く異なる部分があります。それは、デザインを洋風に変化させることでバリアフリーでも全く違和感のないデザインにすることです。基本的に、どうしても日本のバリアフリーとは違うため変化をさせなければいけません。手すりやそのほかのスロープなどこれからのことを考えて取り入れるのはいいことですが、似合うようなデザインを心がけましょう。

 

いかがでしたでしょうか。バリアフリーについて知ることができましたね。ぜひこれから輸入住宅でバリアフリーを考えていらっしゃる方はこの点を意識して取り入れるようにしましょう!今回はありがとうございました。次回もお楽しみ!次は住宅展示場について少しお話ししていきます。
 

熊本県で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで
http://www.bruce.co.jp/

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ