九州

 

熊本県で輸入住宅を建てているブルースホームです。

 

カナダは北米にある国で、冬場は非常に冷え込むことで有名です。カナダはとても多くの木材資源を有しており、カナダの森林の93%は公有林で政府によって管理されています。そんなカナダの輸入住宅のデザインについてお伝えします。

 

・カナダ東部の家
カナダの東部にはメープルやオークなどの多くの広葉樹が育っています。これら広葉樹はとても美しい木肌をしており、フローリングや家具、ドアなどに加工され、商品として輸出されています。都市であるトロントなどの郊外にはレンガ造りの家もあり、室内にはオーク材を使った重厚なインテリアも見られます。

 

・カナダ西部の家
カナダ西部にはロッキー山脈に沿って大きな針葉樹林帯が存在します。良質な木材資源が豊富にあり、古くから林業が発展してきた地域でもあります。この地域の家の外観デザインは東部と違って、ヨーロッパの伝統的なデザインは一部の地域に限られ、比較的自由なデザイン設計がされています。最近ではモダンなスタイルの住宅も多く建てられるようになりました。

 

いかがでしょうか。今回はカナダの輸入住宅のデザインについてお伝えしました。選択肢の一つにカナダのデザインをいれてはいかがでしょうか。

 

熊本県で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで
http://www.bruce.co.jp/

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ