九州

熊本県で輸入住宅を建てているブルースホームです。

 

せっかく輸入住宅を建てるなら、とことん「輸入住宅らしさ」を醸し出したいですよね。

せっかく輸入住宅を建てるなら、とことん「輸入住宅らしさ」を醸し出したいですよね。

今回はそんな「輸入住宅らしさ」を演出してくれる、海外風の階段を作るポイントを見ていきましょう。

 

映画に登場するような豪華な階段があれば、それだけで家の大きな主役になります。

日本の住宅ではあまり見ないようなダイナミックな階段は、輸入住宅だからこそ、その真価を発揮するのです。

 

・広さ家の顔となるような階段にするには、ある程度の広さが必要です。

玄関を開けたら、すぐに大きな階段があると海外っぽいですよね。

玄関に、4、5畳ほどの贅沢な広さを確保できれば、より一層雰囲気が増します。

 

また、吹き抜けに階段を設置して、開放感たっぷりの空間を作りましょう。

実際の面積以上の広さを感じることができますよ。

 

・素材階段自体の素材をどんなものにするかによって、階段の雰囲気も大きく変わります。

木製の階段が最も一般的でしょう。

木の質感を残したまま、クリアな塗装で仕上げてみてはいかがでしょうか。

また、一部をカーペット仕上げにするとより高級感がでますよ。

 

・手すりポイントはアイアン手すりです。手すり全体をアイアンにして、凝ったデザインを際立たせるのもいいかもしれませんね。

スタイリッシュに直線的なデザインにするのか、ゴージャスにカーブの多い曲線的なデザインにするのかで大きく印象が分かれます。

 

いかがでしたか?

これらのポイントを押さえた素敵な階段をつくっちゃいましょう!

 

熊本県で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで
http://www.bruce.co.jp/

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ