九州

熊本県で輸入住宅を建てているブルースホームです。

住宅の新築工事、あるいはリフォーム工事において、どの会社に工事を依頼するのかを決めるときには、相見積もりをしましょう。相見積もりとは、複数の業者に同じ条件下での見積もりを行ってもらうことを言います。

そこで提示される工事価格は同じ条件のはずなのに、会社によって大きな開きがあることがしばしばです。それはなぜでしょうか?

可能性のひとつとして挙げられるのは手抜き工事による低価格です。工程の一部を抜く・より安い材料を使うなどして費用を抑えるわけです。

しかしそれでは質の悪い工事になってしまい、結局短期間で修繕が必要になります。他と比べてあまりにも安いという場合は気を付けた方が良いでしょう。

もう一つの可能性として考えられるのは莫大な手数料です。建設業界は元請・下請・孫請などで階層構造になっているため、最下層の施工業者以外はマージンといわれる中間手数料を取ります。

この手数料がかかるほど工事全体の費用が高額になる傾向があります。

大手の住宅関連業者は基本的に下請け業者を設けていますので、手数料が余計にかかってきます。

また、宣伝のための広報費・全国の営業所・ショールームの建築費用やそこに駐在する担当者への給料、などにも費用がかかるので、おのずと価格が高騰することはおわかりでしょう。

保証やアフターサービスの充実などの安心感と引き換えであることを考えると大手を選ぶ方も多いかもしれません。

しかし、下請け業者の存在は忘れずに、大手に頼んでも施工は地元業者という事例も多くありますので、気になる場合は契約時に訊ねてみることをお勧めいたします。

熊本県で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで

http://www.bruce.co.jp/

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ