九州

福岡県で輸入住宅を建てているブルースホームです。

住宅瑕疵(かし)担保責任保険をご存知ですか?
これは新築の家を建てる方全員が知っておくべきことです。

ただ、お客様は何もする必要がなく、事業者が住宅瑕疵担保責任保険に入っていれば、大丈夫です。
では、住宅瑕疵担保責任保険とは何なのでしょうか。これから説明していきます。

■完成した住宅にもし欠陥があった時は

完成した住宅にもし欠陥があった場合はみなさまどうしますか?
まずは業者に伝えますよね。

では、欠陥を見つけるまでに業者が倒産してしまっていたらどうしましょう?
さあ困りましたね。

住宅瑕疵担保責任保険は、住宅を引き渡した時点から10年間のうちに住宅の欠陥を保証するという保険なのです。

つまり、業者が倒産していても保険金が下りるので、少ない費用で補修することができるのです。

■業者が住宅瑕疵担保責任保険に加入しているか

依頼しようと思っている業者が住宅瑕疵担保責任保険に加入しているかどうかの判別方法が三つあります。
・その業者のホームページに保険に加入しているという記載があるか
・ネットで検索して保険に加入しているかどうか調べる
・直接問い合わせる
の三つです。もしものために、住宅瑕疵担保保険に加入している業者に住宅建設を依頼するのが良いでしょう。

■おわりに

住宅瑕疵担保保険は非常に重要なもので、新築を建てる方は知っておく必要があります。

何かあった時のために、業者だけでなくお客様の側もきちんと備えをしておきましょう。

福岡県で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで
http://www.bruce.co.jp/

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ