中部

新潟県で輸入住宅を建てているブルースホームです。

 

今回は輸入住宅のデメリットを述べ、それについての対策方法をご紹介致します。

・デメリット
一番に挙げられるのが、日本の商品が部屋の修復に使えないといったことです。

理由は簡単ですよね。

 

すべて海外で生産しているため、日本の商品で補えないです。

中には補えることもできるかもしれませんが、ほとんどが補うことができない商品ばかりです。

また日本で買ったカーペットが家に合わないといった例もありますが、こちらはサイズを調整してくれるお店もあるので対策は可能かと思います。

 

問題は日本国内では対策できないような場合です。

例えば、窓の部品が壊れてしまったり、玄関のカギがつぶれてしまった場合が挙げられます。

 

・対策
形あるものは壊れますよね。

輸入住宅を選ぶ際は家のデザインだけで決めるのではなく、会社側の輸入住宅に対するアフターフォローもしっかりと考えてくれている会社を選びましょう。

 

壊れたからほったらかしにされたり、直してはくれたけど期間や手続きが長すぎたなどいろいろあると思います。

わからないことや知りたいことがあればご連絡お待ちしております

 

新潟県で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで
http://www.bruce.co.jp/

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ