中部

愛知県で輸入住宅を建てているブルースホームです。

 

前回は輸入住宅の特徴的な窓である、上げ下げ窓(ダブルハング・ウィンドウ)と滑り出し窓(ケースメント・ウィンドウ)の2種類をご紹介しました!

前回は輸入住宅の特徴的な窓である、上げ下げ窓(ダブルハング・ウィンドウ)と滑り出し窓(ケースメント・ウィンドウ)の2種類をご紹介しました! 

今回は上げ下げ窓(ダブルハング・ウィンドウ)のメリットとデメリットについてご説明します!

 

 ■ダブルハングウィンドウのメリット

◇高い気密性この点で言うと引き違い窓よりも優れています。

なぜなら、引き違い窓には窓を左右になめらかに滑らせるために戸車いう小さな車輪が付いています。

これにより、どうしても隙間が出来てしまいます。上げ下げ窓にはこの戸車がついていないため、隙間ができずより気密性が高いと言えます。

 

◇高い防犯性窓の形が縦長で横幅が狭いのが特徴な上げ下げ窓は、他のタイプに比べ、窓を開けることが難しいため防犯性が高くなります。

 

◇高い通気性上下2箇所に風を通すことができますので、効率的に風の流れをつくることができ、通気性を高めます。

特に狭小住宅や集合住宅などといった、ひとつの部屋にたくさんの窓をつけられない場合にはひとつの窓で効率的な換気を行うことができます。

 

 ◇デメリット上記のようなメリットがある一方で、窓の開閉のしづらさはデメリットといえるでしょう。

引き違い窓も同様に言えることですがお手入れもしづらいです。

サッシの部分は細かい隙間は専用の掃除用具などを上手く駆使してお手入れしましょう。

また、日本では引き違い窓が主流であるため、上げ下げ窓の方が少し高価になります。 

次回は滑り出し窓(ケースメント・ウィンドウ)のメリットとデメリットをご説明します!

 

愛知県で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで
http://www.bruce.co.jp/

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ