中部

愛知県で輸入住宅を建てているブルースホームです。

海外の設計思想と素材による「輸入住宅」について、今回はヨーロッパの中でもイギリスで生まれた様式の特徴をお伝えします。

18世紀前期のアン女王の時代にイギリスで生まれた様式を起源とする、「クイーン・アン様式」というものがあります。
 イギリスのクイーン・アン様式は、比較的地味で伝統的な様式に忠実でしたが、後になって植民地時代のアメリカにおいて発展しデザインや装飾が誇張されシンプルになり華麗さが加わりました。

特徴としては、

・壮大で左右対称にこだわったものではなく左右非対称となったデザインを用いていること

・外観が不規則なデザインであり変化に富んだものになっていること

・寄棟造によって作られた屋根に配置されている八角形の塔棟

・玄関と繋がるようになっている連続したベランダ・外に張り出した出窓(ベイ・ウインドウ)

・上下に解放できるダブルハング・ウィンドウなどが挙げられます。
ロンドン警視庁やスコットランドヤードの初代庁舎がこの様式を利用した代表的な建築物と言えます。

 

いかがでしたか。

クイーン・アン様式は日本にはなかなかないデザインですが、とても魅力的で立派な建築様式です。

輸入住宅の選択肢の一つとしてぜひご検討ください。

愛知県で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで

http://www.bruce.co.jp/

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ