中部

静岡県で輸入住宅を建てているブルースホームです。

一般的に気密性が高いとされる輸入住宅ですが、どの家でも性能が同じでありません。
できるだけ性能の高い家にしたいのは誰もが同じですが、具体的な説明が難しいのも事実です。

そこで活躍するのが、Q値,C値,K値という指標です。
Q値,C値,K値が何なのかを知り、理想の家を建てませんか。
今回は、輸入住宅の気密性を図る、 Q値,C値,K値についてお伝えします。

・Q値

Q値とは、熱損失係数を指します。
家の床の面積1平方メートルにおいて、1時間でどれくらいの熱を失ってしまうかを示しているのです。
Q値は低ければ、断熱性が高いということを覚えておきましょう。

・C値

C値とは、相当隙間面積の事です。
床の面積1平方メートルにおける、隙間の面接を示しています。
C値が低いほど、隙間が少ないため、気密性が高いということになるのです。
地域によってC値の基準が設けられている事もあるため、自分の地域のC値を調べてみてはいかがでしょうか。

・K値

K値とは、熱貫流率のことです。
室温に1度の差がある時、壁1平方メートルあたり、1時間で通過してしまう熱を示した値を示しています。
機密性、断熱性が高いほど、K値は小さくなるのです。

今回は、輸入住宅の気密性を図る指標である Q値,C値,K値についてご説明しました。
Q値,C値,K値が小さいほど、気密性、断熱性が高い家ということです。
これらの指標を覚えて、冬でも快適に過ごせるような家にしませんか。

 

静岡県で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで
http://www.bruce.co.jp/

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ