中部

愛知県で輸入住宅を建てているブルースホームです。

「輸入住宅」をご存知でしょうか?
輸入住宅とは、「設計に海外の思想が含まれており、用いる資材・材料も輸入されたものである」注文住宅です。
今回は輸入住宅のメリットをご紹介していきます。

■海外特有の色・間取り

北欧スタイルの住宅では、壁色にビビットカラーが使われることもあります。
また、輸入住宅で一般的な「2×4工法」により間取りも海外式になります。

■断熱性と気密性

2×4工法は、気密性・断熱性に優れた工法です。
断熱材が多く使われたり、窓には複数の断熱ガラスが用いられたりと、家が暖かくなる工夫も売りの一つです。

■耐久性と耐震性

2×4工法で建てた住宅は、地震の際揺れを四方の壁に分散でき、在来工法の住宅より耐震性に優れています。

■自分で間取りを決められる

輸入住宅の1番の売りは、北米・北欧式の外観・内装です。
そのため、輸入住宅は一般的に、建売式ではなく注文式となっています。
「北米風の外観にあこがれる!」といった方には輸入住宅がおすすめです。

■費用

費用は一般的に坪単価30万程度です。
日本式の住宅と相場があまり変わりません。

以上が、輸入住宅のメリットについての解説でした。
注文住宅に興味のある方はJKホーム株式会社にご気軽にご連絡ください。

愛知県で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで
http://www.bruce.co.jp/

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ