静岡の輸入住宅ならブルースホームへ

Store

静岡県

ブルースホーム伊豆

静岡県伊豆の国市古奈162-1

営業時間
8:30~5:30
定休日
年末年始、夏期休業

ブルースホーム伊豆のモットーであるキメ細やかなサービスと小回りの利く作業体制でお客様のニーズにお答えしています。

詳細を見る

About

注文住宅をお考えの方に!静岡県の地域情報

ブルースホームは注文住宅の購入のお考えの方、土地探しでお悩みの方に、住まいに関する様々な情報をお届けしています。
住宅は注文住宅にすると決めているけれどいざ住む場所はどこにするか決めきれていない。そんな方も多いのではないでしょうか?
今回ご紹介するのは日本のほぼ真ん中に位置する県、「静岡県」。静岡県にはどんなイメージをお持ちですか?世界遺産に登録された富士山を真っ先に思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。
静岡県の中でも最も人口の多い2大都市、「浜松市・静岡市」についてご紹介していきます。

~静岡の二大都市、「浜松市・静岡市」~
<浜松市>
・概要
浜松市は静岡県西部にある市で、面積は岐阜県高山市に次いで全国2番目に広い市となっています。北部は赤石山系、東部は天竜川、南部は広大な砂丘からなる遠州灘、西部には浜名湖という豊かな自然に囲まれている地域です。

・交通
浜松市の主要駅はJR東海の「浜松駅」。東海道新幹線と東海道本線が通っており、新幹線については上下線とも「ひかり、こだま」合わせて1時間に3本停車します。
市内の交通の便としては遠鉄バスが10分に1本くらいの本数で通っており、基本的にバスが充実しているので不便することはありません。

・子育て
子供の医療費は中学校卒業まで1回500円の自己負担のみで医療を受けられ、所得制限もなしなのでファミリー世代には安心要素の一つとなっています。山、川、湖そして海も近いため、週末に気軽に子供を連れて遊びに行くこともできます。

<静岡市>
・概要
静岡県中部に位置する県庁所在地のある街で、静岡県を南北に縦断しているため静岡県を東西に異動する場合必ず通過する市となっています。面積自体はかなり広いですが、市街地は南部の平坦地に集中している特徴を持っています。

・交通
JR東海道本線と静岡鉄道静岡清水線が市内を走っています。路線バスも複数の会社が運営しており、駅周辺、バス停付近に住むのであれば車なしでも生活できるでしょう。ただし中心市街地から離れると電車もバスも少なくなってしまうので、郊外への買い物などは車があると便利です。

・子育て
比較的子供の多い街で、子育て支援の制度や施設も多く設備もされているので、育児について困りごとが少ない地域となっています。特にサッカーの強豪校のある学校もあり、サッカーだけでなくスポーツへの関心の高い地域です。

~静岡の地価事情(2016年)~
静岡県の県平均地価は8万6853円/㎡となっており、静岡市の中では葵区、駿河区、清水区の順に地価が安くなっています。
一方、静岡県第二の都市である浜松市は全体的に地価が安くなっている土地でもあるので住宅の購入をお考えの方は浜松市を検討してもいいのではないでしょうか。

~静岡ならではの電気事情~
電気は西日本と東日本で周波数が異なってくると聞いたことがあるかもしれません。この西日本と東日本の電機の境目が静岡県で、富士川を境に県の東部のみ東京電力管轄の50Hz、その他の地域が中部電力管轄の60Hzとなっています。 同一都道府県の中で周波数が大きく二分されるのは静岡県だけですが、もちろん周波数の違いで家電が使えなくなる!といったことはありませんのでご安心ください。

静岡県についてお分かりいただけたでしょうか?
日本の真ん中にある県だけに、東日本に分布するのか、西日本に分布するのか分野によって異なってくることもあるという珍しい特性を持っている地域となっています。
海側の地域だと温暖な気候に恵まれ、冬場もめったに雪が降ることはないという過ごしやすい気候特性も持っているのです。
注文住宅を東海地方でお考えの方は静岡県を選んでみてはいかがでしょうか?

Blog