スタッフブログ

横浜設計部 太田です。

 

今回から家を建てる際に出てくる建築基準法について簡単にお話したいと思います。

まず最初に出てくるのが述べ床面積(容積率)と建築面積(建ぺい率)かと思います。

 

○延べ床面積・・・・・単純に2階建ての住宅であれば1階の床面積と2階の床面積の合計になります。

○容積率・・・・・敷地面積に対しての延べ床面積の割合です。

たとえば150㎡の敷地で容積率の指定が80%になっている場合

150×0.8(80%)=120 → 建てることのできる家の床面積の合計は最大120㎡となります。

 

○建築面積・・・・・建物を真上から見下ろした時の面積です。水平投影面積ともいいます。

基本地面から1m上がったところから上の部分で算定します。

わかりにくいですけど、上空から家を見下ろした時に家に隠れて地面がみえない部分の

面積となります。

○建ぺい率・・・・・敷地面積に対しての建築面積の割合です。

たとえば150㎡の敷地で建ぺい率の指定が40%になっている場合

150×0.4(40%)=60 → 建てることのできる家の建築面積は最大60㎡になります。

 

基本容積率と建ぺい率に関してはその土地の用途地域によって決まってます。

住居系の用途地域はその他の商業系等に比べると上限値が厳しいです。

厳しい→住環境は確保されやすいというメリットもあります。

(面積の制限があるので敷地いっぱいに建築することができないなど)

 図面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように敷地に対して建築できる建物の面積の上限を決定しているのが容積率と建ぺい率になります。土地の狭い日本で住環境の確保や火災の延焼防止などを考えると必要な規定なのかもしれませんね。

 

また面積の規定には様々な緩和規定や算定方法があります。

ここは面積にいれたり、ここは除外して・・・・・などなど。

 

いろいろなケースがありますので弊社スタッフまで気軽にご相談ください。

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ