スタッフブログ

設計部 太田です。

 

今回は防火地域と準防火地域についてお話したいと思います。

 

防火については、防火地域・準防火地域・指定なしの三つに分けられます。

 

防火地域・・・・・・最も規制が強化されている地域です。住宅密集地や商業地、市街地の中心部など、火災の危険性が大きく見込まれる地域に指定されています。

木造の一般的な住宅であれば2階建て以下、100㎡以下しか建築できません。

(木造であっても耐火建築物にすることにより100㎡超や3階の建築が可能になります)

 

準防火地域・・・・・防火地域の周辺に指定され、防火地域よりも基準がゆるくなっていますが、火災に対して一定の基準が設けられている地域です。

この地域の制限のひとつに、「延焼の恐れのある部分における防火上の措置」というものがあります。

これに該当するかどうかにより住宅等の窓の防火制限が下記のように変わってきます。

隣地境界線や道路中心線よりそれぞれ【1階は3m以上】【2階以上は5m以上】離す。

離れていなければ開口部に使うサッシやドアは防火設備が必要となります。

火災時の延焼を防ぐためのルールで、延焼危険曲線とよばれる計算式より検討されています。高さの低いところより上方に向かうにあたり延焼するエリアが広くなり、

通常の建物の高さでいう2階以上の部分はほぼ距離が一定になる放物線です。

便宜的に1階部分と2階以上部分に分けて離隔距離が決まっています。

1階がすごく高い建物等もあるでしょうから、1階とか2階のようなあいまいな形でなく高さの数字で制限してもよいのでは・・・・と少し矛盾も感じますが・・・・・笑

 

準防火地域にはほかにも様々な制限がかけられていますが、木造でも3階、

500㎡以下であれば建築が可能になります。

また、準耐火建築物にすれば木造で最大1500㎡まで可能になりますが、

ここまでの規模になると戸建て住宅というより、アパート等の共同住宅や店舗等など

多様な建築物の可能性が高いと思います。

建築地の条例や消防等ほかにも色々な規制が出てくるかと思います。

 図面1

このように法規制ひとつとっても色々ありますので

お気軽に弊社スタッフまでご相談ください。

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ