スタッフブログ

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

工事部の川口です。

今回は、住宅工事の中で最も基礎となる地盤改良工事のご紹介をいたします。

改良工事には大きく分けて『表層改良』『柱状改良』『杭工法』の3種類があります。

今回の現場は、地盤の強度を高めるために杭工法の一種である鋼管杭工事の採用となりました。

 

1.8mピッチで杭打機により一本づつ施工します。

深さがあり鋼管一本では届かない時には、溶接にて杭を継ぎ足します。

所定の深さまで杭を打ち込み、基礎根切によって杭頭を出すようにします。

ご覧いただいたように鋼管杭工事は固い支持層まで杭を貫入し、上部に構築する建物の基礎を支える工法です。

建物が完成したら見えない部分ですが、とても重要な工事です。まさに縁の下の力持ちですね。

 

お陰様で昨年は現場災害ゼロを達成できました。今年も引き続き事故の無い一年にできるように進めてまります。

 

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ