100語辞典

アーリーアメリカンスタイルとは

さまざまな住宅様式の中でもアメリカ風の家に憧れるという方は多くいらっしゃいます。 一般的にアメリカ風の住宅をアーリーアメリカンスタイルといい、北米の伝統工法であるツーバイフォーなどは使われている住宅です。 その特徴はどっしりとした重厚感があるシンメトリーのつくりに、大きな屋根がつき、窓枠や柵には装飾が施され、リビングに暖炉があるなど、広く開放的な印象の住まいです。 それらの様式はヨーロッパの伝統的なデザインが受け継がれているため機能的でありながら洗練されているため、アーリーアメリカンスタイルは現在でも人気が高い建築様式となっているのです。 英国やフランスの植民地だった時代の影響と、広大なアメリカの風土にあったデザインの住まいがアーリーアメリカンスタイルなのです。 古き良きアメリカの伝統を受け継ぐこのアーリーアメリカンスタイルは日本でも多くの方が希望される建築様式で、幅広い仕様から選ぶことができます。

アーリーアメリカンスタイルのメリット

アーリーアメリカンスタイルのメリットは印象的な外観です。 ひと目で輸入住宅とわかるこの様式の代名詞がラップサイディングという外壁です。 板を重ねたようにして作るこの外壁は陰影が生まれ、存在感を演出してくれる人気の仕様です。 また窓枠などに装飾がつき、全体的に白く美しいので大変洗練された外観を演出することができ、印象的な我が家となります。 こうした優れたデザイン性だけでなく機能的にも優れているのがアーリーアメリカンスタイルです。 こうした住まいは代々長くすみ続けていくため大変丈夫で、年月が経過しても劣化しにくく、普遍的なデザインなので流行に左右されることがありません。 壁の内側は石膏ボードで覆うため耐火性も高く安全です。 さらに米国からの輸入住宅は機密性に優れており、ツーバイフォーは地震の揺れにも強いため防災住宅としても優れている安全性の高い住まいと言えるでしょう。 こうしたことからアーリーアメリカンスタイルを選ぶ方が増えているのです。

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ