九州

福岡県で輸入住宅を建てているブルースホームです。

 

大きな窓、オシャレな外観、暖かい暖炉…輸入住宅は、外国の映画に出てくるお城のようであこがれますよね。せっかく輸入住宅を建てるならば、外装だけでなく、部屋のレイアウトや住みやすさにもこだわりたいものです。そこで、全9回に分けて、おすすめの内装の例をご紹介していきたいと思います。第3回目の今回は、洗面所のデザインについてお話しします。

 

・タイル貼りにしよう
洗面台のカウンターをタイル貼りにしてみてはいかがでしょうか。モザイクタイルの大きさや色が変わると印象もガラリと変わります。黒のタイルにすれば、シックで上品な印象になりますし、白・茶・薄茶のドットにすれば、良いアクセントになり、オシャレな印象を与えます。

 

・細部にこだわって
蛇口の形や色、横のタオルかけ等、細かいデザインにもこだわってみてはいかがでしょうか。蛇口を金色にすれば、高級ホテルのようなエレガントな雰囲気になりますし、蛇口・タオルかけともにくすんだ銅色にすれば、アンティークな洗面所が出来上がります。

 

いかがでしたか?次回は、収納についてご紹介します。引き続きお読みいただけましたら幸いです。

 

福岡県で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで
https://www.bruce.co.jp/

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ