中部

愛知県で輸入住宅を建てているブルースホームです。

 

どんな住宅で生活しているかというのは、実際に住んでいる人たちには大きな影響を与えるものです。

快適性はもちろん、感性をも左右する要素があると言っても過言ではありません。

単に、雨露をしのぐことができればいいというものではないのです。

 

昨今は輸入住宅に大きな関心が寄せられる傾向があります。

日本で普遍的に見られる形態とは全く異なっていますが、それだけに外国へのあこがれが強い人であれば満足度が高いことは言うまでもありません。

とりわけ人気を呼んでいる輸入住宅としては、アメリカからのものがあります。

 

アメリカのタイプというのは、イギリスなどヨーロッパの国からの移民の手によってアメリカに持ち込まれた建築様式を指します。

最も典型的なものがジョージアンスタイルです。

テラスハウスやタウンハウスなどの縦長住宅が18世紀のロンドンでははやっておりました。

人口の過密化が進んでいた事情があって、スペースを有効活用しなければならなかったからです。

 

アメリカのジョージアンスタイルとは、切妻屋根か寄棟屋根を持つ箱型の住宅であるというのが特徴です。

玄関の中央に柱とペディメントが用いられ、軒下には歯飾りが等間隔に並んでいるスタイルです。

シンメトリーで威厳があり、赤や茶色のレンガやタイルが素材として使われていることが一般的とされています。

 

愛知県で輸入住宅をご希望の方はブルースホームまで

https://www.bruce.co.jp/

  • ブルースホームの商品
  • 施工事例
  • 資料請求
  • お問い合わせ